延滞(滞納)でお金を払えない!そんな時の裏ワザ

家賃や携帯代、税金、養育費、車のローン、住宅ローン、国民健康保険料、ガス代、電気代、水道代などを滞納や延滞していて払えない!お金が無い!そんな時の対処法

滞納し続けるとどうなるかわかりますか!?滞納の最終形とは?

お金を支払わなければいけないのに、支払っていない。いわゆる滞納。滞納するとどんなことが起きると思いますか!?
これは、税金、家賃、公共料金、校納金、ネットショッピング等の支払い、他にも様々な支払いに当てはまります。

 電話が鳴る

まず、支払いが遅れると自宅の固定電話やスマホに電話がかかってきます。
初めは『 お支払い、お忘れではないですか!? 』という感じで優しい対応です。

ただ単に忘れていたという場合は、すぐに支払うことができると思います。
しかし、お金がなくて払えないという場合は、電話があったところでどうにもできません。

今、ここからスマホで借入れ申込できます!

 督促状が届く

それでも、支払いをしないままでいたら、自宅に督促状が届きます。
『 △△万円の支払いがあります、〇〇日までに入金してください。 』
もしくは、
『 〇〇日までに同封の振込用紙にてお支払いください 』という感じです。
この状況では、まだ、こちらとしても、はいはいという感じでいられますよね。

電話だけではまた忘れる方も...けれど、振込用紙が自宅に送られてきたら、さすがに忘れることはないと思います。振込用紙という目に見えるものがありますから。

 さらに電話が鳴る

お昼の忙しい時や、土日祝の家でゆっくりしているとき、時間や曜日に関係なく電話がかかってきます。
『 いつだったら、お支払いできますか!? 』という内容です。
声のトーンも初めよりワントーン低めです。
これくらいの滞納なんて誰でもやっていると思いませんか!?

延滞していますよという電話は誰しもが受けたことあるかもしれません。けれど、だからといって放っておいてはいけません。次の段階になる前に、どうにかしたほうがいいですよ。

今、ここからスマホで借入れ申込できます!

 職場に電話がかかってくる

社名ではなく個人名でかかってくるので、内容を聞くまでは気付かない事もあるかもしれません。
お金の滞納のことで職場にまで電話をかけられては恥ずかしい思いをしてしまいます。噂好きな人がいたら、もうおしまいです。

 サービサー(債権回収のプロ)に債権回収が引き継がれ...

催促を何度も何度も無視していると、サービサーという債権管理回収専門業者、いわゆる債権回収のプロが動き出します。
債権回収会社は法務大臣の許可を得た民間の専門業者です。許可を得ている債権回収会社と類似の名前をかたった違法業者も、たくさん存在すると言われています。実際にこの違法業者から架空の請求をされるという被害も相次いでいるよです。
しかし、そもそも、延滞や滞納等をしていなければ、「 もしかして!? 」と思うことはなく、「 これは詐欺だ! 」とすぐに気付くことだと思います。

許可を得た債権回収会社の一覧は、法務省のサイトに掲載されています。
http://www.moj.go.jp/housei/servicer/kanbou_housei_chousa15.html

 サービサーの次は...

これ以上督促を無視し続けると、裁判所による強制執行も行われる可能性があります。預金はもちろんのこと、家具や家電といった財産になるもの全てが差し押さえられます。そして、給料の一部も差し押さえられることもあるので、こんなとんでもないことになる前に、支払ってしまいたいですよね。

まとめ

滞納し続けると最終的に裁判沙汰になることも!そして、架空請求の詐欺にあってしまうこともあり得ます。不安材料をなくすためにも、ちょっとくらいの延滞では大丈夫ですが、滞納はしないに越したことはありません

とはいえ、お金があれば焦るほどの滞納なんてしないですよね。お金がないからどうにもならないのではなく、何か動いてみませんか!?

他社借入があってもまだ借りれる可能性は十二分にあるので、一度相談されてみてはどうでしょうか!?
こちらで24時間相談受け付けています!

投稿日:

Copyright© 延滞(滞納)でお金を払えない!そんな時の裏ワザ , 2019 All Rights Reserved.