延滞(滞納)でお金を払えない!そんな時の裏ワザ

家賃や携帯代、税金、養育費、車のローン、住宅ローン、国民健康保険料、ガス代、電気代、水道代などを滞納や延滞していて払えない!お金が無い!そんな時の対処法

入院費用

入院代にばかりお金を取られてまいったら、こうするしかない!

更新日:

突然の入院。
金銭面、大丈夫ですか...?

診断がつくまで

検査しましょうで入院した方、実際に診断が下りるまでたくさんの検査を受けてきたと思います。
診断がついたのちに入院する方も、外来とは別に入院は入院でまた検査...ではないでしょうか!?この検査費用、とても高いですよね。

▶️ こちら、今日中にでもお金が用意できるところです!
入院代は資金使途自由なフリーローンで借りれます!

入院するとまず、毎朝血液検査があります。
一回の通院で血液検査をしたことを思い浮かべてみてください。
これが、毎日...
それに、レントゲン、エコー、CT、MRI、カメラ、骨髄検査などなど、日替わりで色んな検査がありますよね。
入院したての頃は、どうにか病気を見つけたくて、治したくて、お金の事は気にならないものですが、初めての請求書がきてみてびっくり!!もう、なんとも言えない気持ちに...
そこで、助けになってくる生命保険。

医療費は生命保険で足りるのか...

ひと月で100万もの請求がくるんです。
こんな大きな額、とても払えません。
生命保険では、
・入院一時給付金
・1日10,000円、5,000円、3,000円など日額の給付金
・病名によっては、さらにまとまったお金が給付される一時金
などの給付金がありますよね。
しかし、入院期間が短ければ、この生命保険で十分に間に合うと思います。が、数ヶ月、年単位での入院になってくると...。

限度額適用認定証

[高額療養費制度]という制度はご存知の方が多いと思いますが、
支払う前から医療費を減額できる制度(限度額適用認定証)がある事を知っていますか?
[高額療養費制度]は、一旦支払った後からの申請での払い戻しですが、この[限度額適用認定証]は、会計前に病院の事務の方に提出することで、減額された金額で請求がきます。なので、支払う側の負担はかなり軽減されます。
減額される制度があるとはいえ、入院時にかかるお金は、医療費だけではありませんよね。
減額されるのは、医療費のみなので、食事代、個室代、おむつなどは満額で自腹。
食事の事を少し書いてみますが、、、
病院食、長い入院生活のストレスや、治療の副作用などで、食べれなかったりすると、家族が用意することになります。「何でもいいから!とにかく口にしてほしくて!」、色んなものを買って行ったり、作って持って行ったり...
本人が食べたいと言えば、少しくらい高くても買って行ってしまうものですよね。
数回であれば、金銭的にも大丈夫なはずですが、年単位になると...

入院生活を支える家族の経済的負担

毎日病院に通う家族の経済的負担は、計り知れないものです。
病院が遠ければ、公共機関の交通費やガソリン代。一日付きっきりになれば、最低でも2回(昼・夜)の食事。見守る側が倒れてしまうわけにはいきませんから!
何か欲しいものはないかな...あれを持ってきてほしいって言ってたっけ...
毎日、ちょっとの出費でも、ちりも積もれば...で。預金通帳の残高が残りわずか。

入院生活を支えながらの生活、お金はいくらあっても足りません。
いつもの生活費+病院、付き添いにかかるお金...とてもとても、いつもの収入では足りません。

日中はお見舞いや付き添いで時間がない方も、ここなら大丈夫です。
夜でも深夜でもご利用できます。
▶️ いつでもすぐに借入可能のところはこちら!

-入院費用
-, , , ,

Copyright© 延滞(滞納)でお金を払えない!そんな時の裏ワザ , 2018 All Rights Reserved.