延滞(滞納)でお金を払えない!そんな時の裏ワザ

家賃や携帯代、税金、養育費、車のローン、住宅ローン、国民健康保険料、ガス代、電気代、水道代などを滞納や延滞していて払えない!お金が無い!そんな時の対処法

家賃

家賃が払えない、未払いが許されるのは何ヶ月?

更新日:

家賃が払えないと嘆く女性
家賃を延滞すると、督促を受けたり、連帯保証人に連絡が入ることもあります。ひどい場合は、強制退去を言い渡されることも...

家賃の未払いが許される期間は?

家賃が払えない状況はなかなかないと思いますが、病気やケガ、失業など何が起こるかわからないのが人生ですし、もしかしたら、払えないという状況になることは誰にでもあるのかもしれません。

そうなった時、どのくらいの期間なら家賃を滞納しても許されると思いますか?

結論から言うと、たとえ数日でも許されることではありません。1ヵ月も滞納となると、とんでもない話です。
家を借りる時、皆さんは貸主と契約書を交わしましたよね?それに記載されているように、家賃の滞納は契約違反になります。

家賃滞納で影響すること

〇 貸主との信頼関係が崩れる
〇 契約解除になり強制退去で家を失う
〇 連帯保証人との人間関係が崩れる
〇 保証会社が間に入っている場合は、保証会社が家賃を支払う代わりに信用情報機関に金融事故記録(いわゆるブラック)が残る
〇 訴訟問題になることもある

催促状が届いた方もいるのでは!?

saisoku

このような督促が郵便受けに入っていたら、すぐに家賃を支払うべきですが、そう簡単ではないですよね。
しかし、督促を無視し家賃を払わないまま3ヵ月経過してしまうと、貸主との信頼関係は破綻しているとみなされるそうです。なので、もし、訴訟を起こされたら強制退去の執行になりかねません。

家賃が払えそうにない時にすること

まずは、家賃の支払先(大家・管理会社・保証会社など)に連絡しましょう。払えない理由を説明し、分割や延長の相談をしてみましょう。支払い期限前だったら、相談に応じてくれることもあるそうです。

毎月、家賃の支払いが遅れそうなほど厳しい場合は、引越しも考えた方がよさそうです。引越しにはまとまったお金がかかるので、早く判断し、初期費用が低いところを探し、今より家賃の低いところに引っ越しましょう。

とにかく、まずは家賃が払えそうにない旨の連絡を入れることが大切です。

そして、家賃を払わないと住居を失うことにもなりかねないので、それだけは避けたいところです。
ないお金は借りるしかありません。銀行のカードローンは、金利が低めなので返済する時も負担が少なくて済みます。

銀行で家賃のお金が借りたい方はコチラ

-家賃
-, , , ,

Copyright© 延滞(滞納)でお金を払えない!そんな時の裏ワザ , 2021 All Rights Reserved.